ブログ|合同会社ワーウォ技術研究所

オフィシャルブログ

空間除菌の伝道師集団がお届けする
ワーウォマンスリーレポート第50号

これでいいのか?わが日本?
今こそ必要だ!私たちは“空間除菌応援キャンペーン”」中です。

WHOやCDCが新型コロナウイルス感染症の感染ルートとして、第一に空気感染(エアロゾル感染)であると発表してから1年余りが経過しました。世界の共通したコンセンサスは
“新型コロナウイルス感染症の感染経路は空気感染だ”
です。

にも拘らず国は飛沫感染だ接触感染だと言い続け、これらを前提に対策を立てています。
外から持ち込まれたウイルスは、できる限り発症しないレベルまで数を減らすことが重要です。空気感染(エアロゾル感染)により感染拡大するのですから、室内にとどまっている間に不活化させなければならないのです。
これから厳寒の季節を迎えて換気が不可能な地域もあります。また、無責任に換気しても元気なウイルスは外に出てあちこちと動き回るので、どこで誰に感染するか分かりません。

空間除菌の必要性があるのはここなのです。ご理解ください。
ワーウォマンスリーレポート第50号では、空間除菌応援キャンペーンを案内させていただきました。お手軽にできる空間除菌をお得な投資で実現してください。

スライド1スライド2

“サンクスギビングデー”とは?

だいぶ冷え込む季節になってきましたね。
さて、今年も「サンクスギビングデー」の時季がやってきました!

みなさんは、「サンクスギビングデー」をご存知でしょうか?

「サンクスギビングデー」とは、
アメリカなどで開催される「感謝祭の日」のことです。

アメリカでは、毎年11月の第4木曜日を「サンクスギビングデー」とし、
家族や友人とご馳走を食べるのが慣例となっています。
親戚一同が集まって、大規模な食事会が開かれることも多く、
同国では「サンクスギビングデー」が祝日となっています。

日本ではあまり馴染みのない「サンクスギビングデー」ですが、
似たような「収穫祭」は日本でも古来より行われてきました。

それが11月23日の「勤労感謝の日」です。
これは元々、「新嘗祭(にいなめさい)」という祭日でした。

新嘗祭では、その年に収穫できた作物などを神様に献上し、
さらにそのお供え物を神々からの賜り物として食し、
自らの働きや仲間たちの働きに「お疲れ様」と声を掛け合っていました。
神への感謝だけではなく、自分たちの「勤め」にも感謝をすることから転じて、
現在は「勤労感謝の日」として、日本の祝日に制定されています。

「サンクスギビングデー」ではご馳走を食べるのが通例ですが、
その中でもメインディッシュは決まって“あるモノ”です。
何だと思いますか?

答えは、「七面鳥(ターキー)」です。
もしかすると、クリスマスのイメージが強いかもしれませんね(笑)
定番の丸焼きはもちろん、
七面鳥の中にパンや野菜を詰め込んだ「スタッフィング」という料理や、
ターキーの肉汁を使って作る「グレービーソース」など、
七面鳥にまつわるご馳走がたくさんテーブルに並びます。

日本では流通や調理法の問題上、
あまり七面鳥を食べる機会がありませんが、
「サンクスギビングデー」を楽しく過ごすことはできます。
そもそも、「サンクスギビングデー」とは、「感謝をし合う日」のことです。

寒くなってきたこの季節、ご家族やご友人と、
美味しいご馳走を囲んでみてはいかがでしょうか?

楽しい団欒のひとときに、
「いつもありがとう」と声をかければ、
きっと身体だけでなく心も温まること間違いなしですよ♪
今年の冬は、新型コロナウイルスの第8波に加えて
季節性インフルエンザも流行するのでは、と今から恐れられています。

楽しい団欒のひとときを過ごすためにも、次亜塩素酸水による空間除菌は欠かせません。
どちらもウイルス感染症、安心、安全な生活空間をつくり楽しいひとときをお過ごしください。

10月2日は〇〇の日!

突然ですが、問題です。10月2日は何の日でしょう?

特に祝日というわけでもないし……、
と頭を悩ませている方、ヒントは語呂合わせです♪

そう、答えは「豆腐の日」。

豆腐をもっと多くの人に食べてもらいたい、そんな気持ちから、1993年に、日本豆腐協会が「豆腐の日」を制定したそうです。

豆腐といえば、「木綿」と「絹」が有名ですね。
どっち派か、という論争もたまに見かけますが、みなさんは木綿豆腐と絹豆腐の違いをしっかりとご存知でしょうか?

まず、木綿豆腐とは、豆乳ににがりを加えてある程度固めた凝固物を、木綿の布を敷いた箱型に流しこんで布巾をしきつめ、豆乳を流し入れたら重しをし、水分を切りながら固めて作られたものです。この箱型に敷いてある木綿の布目がそのままついていることが、木綿豆腐における最大の特徴といえるでしょう。

次に、絹豆腐とは、豆乳自体を箱型に流し入れ、そこに凝固剤を入れて固め作られたものです。木綿豆腐と違って、布巾や重しを使うことはありません。口触りが木綿豆腐に比べてなめらかであることから、絹のような豆腐――、絹豆腐と名付けられるようになりました。

では、「木綿豆腐」と「絹豆腐」、オススメの料理にはどんなものがあるでしょうか?

例えば、豆腐ハンバーグ。こちらは木綿豆腐に軍配が上がります。
形が崩れにくいことから、木綿豆腐は焼いたり、煮たり、揚げたりと、様々な調理方法を試すことができるからです。

一方で、絹豆腐にも良さはあります。先述したように大変なめらかな舌触りなので、例えば冷奴など、そのまま食べる料理によく好まれています。

もちろん、どちらのお豆腐も使えるお料理もたくさんあります。

例えば――、麻婆豆腐やお味噌汁。
好みによってどちらを使うか、意外と分かれるところです。

せっかくの機会、「豆腐の日」がある10月に、お豆腐料理を食べてみてはいかがでしょうか?

身近な人と「木綿派」か「絹派」か、お話してみるのも面白いかもしれませんよ!

自分のやる気を出す or 相手のやる気を出させるには?

「部下に積極的に働いて自己実現して欲しいけど、やる気が感じられな い・・」
「もうすぐ子どもが受験の時期だけど、全然勉強してくれない・・・」

こんな悩みや問題を経験したことはありませんか?

単にやる気の問題でしょ?と思いがちな上記のような例ですが、
その原因は 別の心理的な要因から来ているかもしれません。

皆さんはマズローの欲求5段階説をご存知でしょうか?
アメリカの心理学者・マズローが 1943年に提唱した有名な学説です。

具体的に言うと、やる気やモチベーションに関する問題の原因は、
「様々な欲 求が満たされていないために起きる」という考え方です。

この学説では人間の様々な欲求を5段階に分け、ピラミッド化しています。
それぞれの欲求について解説すると、下記の様になります。

1923854

第1階層:生理的欲求
睡眠や食事、排せつなどの人間が生きていく上で必要な、本能的な欲求。
豊かな暮らしをする人間は、この欲求が満たされないということはあまりない。

第2階層:安全欲求
経済的に安定した生活を送りたい、健康的に暮らしたい、安全な家に住みたい
といったような安全・安心に関する欲求。

第3階層:社会的欲求
コミュニティーやグループに加わりたい、仲間とのつながりが欲しいといった、
人間関係や愛情、所属に関する欲求。

第4階層:承認欲求
他者から尊敬されたい、家族・仲間・同僚などから認められたいといった欲求。
出世欲なども含まれるとされる。

第5階層:自己実現の欲求
「自分自身が満足できるような自分になりたい」という欲求。
第1~4までを満たさないと実現できないとされる。

そして、この学説では「低い階層にある欲求が満たされることにより、
より高い階層の欲求を求めるようになる」と説明しています。

最初の「部下に積極的に働いて自己実現して欲しい」という事例では、
仮に部下が睡眠不足や過労で、生理的な欲求が満たされていない状態ですと、
本人の欲求は自己実現の達成に向かないということになるのです。

こうした問題がある場合には、
低層の欲求が満たされるような環境にしてあ げましょう。

また、この学説は自分自身のモチベーションを高める時にも有効です。

どうにも仕事や勉強、家事などにやる気が出ないな・・・
といった時は、マズローの5段階説の低階層から順に欲求を満たしていくことで、
より高い目標や欲求に向けてやる気を高めることができます。

自己啓発や教育・マネジメントに、ぜひ活かしてみてはいかがでしょう!

ところで、昨今の新型コロナウイルス感染症も、
私たちのやる気の足を引っ張っている大きな要因ではないでしょうか?

メディアが報道する諸外国の街中の様子と、我が国のそれとはどこか違いが
あるように感じます。なぜか諸外国のほうが明るいように見えるのです。

1年以上も前から、新型コロナウイルス感染症は空気感染が主流と世界的に
コンセンサスが得られて、それに適した対策が取られている諸外国と、
HP上に は掲載しているものの、現実は飛沫感染や接触感染を前提とした
対策を取り続 ける我が国の違いか。

専門家や役人、政治家たちが責任を取ろうとしない日本においては、
せめて、 多くの国民がみずからの責任のもとで、空気感染の対策を取りましょう。

そうすることで、マズローの欲求5段階説の多くが満たされるのではないでしょうか。

間違った対策を続けても、困るのは多くの国民ですよ。

梅雨も明けていよいよ夏本番!

今年の夏は特に暑い日が多く感じます。

2022年6月22日、気象情報を発信するウェザーニュースは「猛暑見解2022」を発表し
ました。

全国的に平年より暑く、2つの高気圧が重なるタイミングでは猛暑と予想される。
暑さのピークは7月後半と8月後半、西日本と東日本では厳しい残暑となる見込み。

とのことです、、まだまだ暑い日が続きそうです;

地球温暖化のニュースや光熱費も気になりますが、必要な時には無理せずにエアコン
をつけて、水分も取って、しっかり熱中症対策をしましょう。

8月は、お盆休みで普段よりも時間があるという方も多いと思います。

帰省されたり、遠方へ旅行されたりと人の移動が多い一方で、長いお休みですから、
「新型コロナウイルス」や「マスコミの報道」について考えてみるのはいかがでしょうか?

世界的にコンセンサスを得られている空間除菌 (エアロゾル感染) が
前面に出 た対策が薦められていなかったり、報道されていない現実が多々あったりと、
このままでは案じられます。

暑いだけの夏ではなく、世の中のことを考えてみる夏にしましょう!

WahW Monthly Report 第49号 です。

JFKの品質認証審査に合格しました。

この度、(一社)次亜塩素酸水溶液普及促進会議(略称:JFK)では、会員各社が取り扱っている商品の品質認証制度を実施し、合格した社はその商品にシールを貼ることが許可されることになりました。
今後、合格した社は積極的にJFK認証マーク(シール)をアピールし、市中に溢れる「怪しげな商品」と一線を画した信頼できる次亜塩素酸水であることを浸透させていく責務を持つ立場となったということです。

このことを取りあげて書きました。

空間除菌の大切さ

一昨年の春、WHOやCDCが新型コロナウイルス感染症の感染ルートについて、空気感染が主たるルートであると発表してから長く時間が経過した。それから遅れること約1年、今年の3月28日に国立感染症研究所は「新型コロナウイルス(SARS-Covー2)の感染経路について」と題してHP上に掲載した。

読むと、従来の対策に加えて空気清浄化や換気が取り上げられているに過ぎないようだ。賢明な皆さんは、感染形態やルートによって取るべき対策が変わるということはお分かりになることだろう。
頑なにマスクや手洗いに固執することなく、感染ルートに合った対策を取っていただきたいと考えます。
皆さんと一緒に考えてみませんか?

あなたの空間は大丈夫?

スライド1スライド2

 

 

WahW Monthly Report 第48号 です。

WahW Monthly Report 第48号をお届けします。(アップするのを忘れていました)

第48号ではブログを書いてみようと思ったのです。
ある人から言われたのです。コロナ禍における空間除菌の効果。嘘か本当か、と。

答えに戸惑いました。理由は「次亜塩素酸」が医薬品・医薬部外品ではなく雑品だから
○○に効くとか効果を言うことができないのです。
従って、そのバックグラウンドを丁寧に説明しなければならないのです。

これをまとめてみようと思い、ブログという形で作ったのが WahW Monthly Report 第48号です。
是非ともお読みくださるようお願いいたします。

スライド2 スライド1

 

土用の丑の日

今年の「土用の丑の日」は7月23日(土)と8月4日(木)の二日間です。

今年の7月23日は土曜日なので「土用」と「土曜」の二つの意味が重なり、例年よりもニュースになりそうです。

「土用」は曜日の土曜ではなく、中国伝来の五行「木火土金水」に由来します。

「土」は季節の変わり目を表し、「土用」は 立春・立夏・立秋・立冬の直前の約18日間を指します。

「土用の丑の日」は土用の期間の丑の日ということですね。

土用の丑の日には鰻を食べるといいと言われますが、これは鰻屋から相談を受けた平賀源内の発案だという説があり、本来は、丑の日に「う」のつく食べ物を食べることや、「う」のつくことを行うと良いということのようです。

季節の変わり目は体調を崩しがちです。鰻に限らずしっかり食べて、夏本番にむけて身体を作っていきましょう!

新型コロナウイルス感染症は、どうやら第7波に突入した様子です。暑い夏を迎え、エアコンがフル運転の室内は空気感染が最も危険です。

当社も暑さに負けず営業中です!空気感染についてじっくりお話しませんか?

皆様のご来社をお待ちしています!

ワーウォ

雨の日は顔を上げて

今年も梅雨の季節がやってきました。

雨の日が続くと気持ちが落ち込んで、梅雨の終わりを待ち望む方も多いのではないかと思います。

ですが、雨の日だからこそ、見えてくる景色、聞こえてくる音もあります。

紫陽花は色づき、緑も目に鮮やかです。

雨音が窓を打つ一定のリズムに癒やされます。

意識一つで、陰鬱に感じられた日々が新鮮に感じられます。

梅雨もじつは素敵な季節です。

雨が降っているからこそ、顔を上げて外にも出かけてみませんか?

外出が億劫なこの季節だからこそ、新しい出会いへのチャンスがあなたの中に生まれます。

気だるい身体を奮い立たせて、見聞を広める旅に出ましょう!

そして、当社がそんな旅のお手伝いをできれば嬉しいです。

万全の対策をして皆様が楽しい旅をされる日をお待ちしております。

WahW Monthly Report 47号です。

3年ぶりに行動制限の無い今年のGWでした。行動制限という言葉が気に入りませんが、案の定、新型コロナウイルス感染症は減少しているようには見えません。

GW明けの厚生労働省HPに掲載されているデータで目を引いたのが、集団感染等発生状況でした。
これを見ると、突出して多いのが福祉施設と学校・教育施設等です。これは何としても減少させなくてはなりません。

そこで考え付いたのは無光触媒との併用です。弊社の無光触媒は光が当たらない所でも除菌・消臭機能を発揮し、重ねて使ううちに積層効果により持続性が出てきます。これらは社内の実験で証明されているのです。
次亜塩素酸水溶液の空間噴霧と無光触媒の併用で、即効性と持続性を実現することができます。集団感染等が発生するところの対策には大いに期待できます。

具体的な使用方法などについては、別途お問い合わせください。
過去のWahW Monthly ReportはQRコードからご覧ください。ダウンロードも可能です。

スライド1スライド2WahW Monthly Report